ホーム>スタッフブログ>紫根の話>染料でもあり薬でもある...
紫根の話

染料でもあり薬でもある...

 

大昔から衣服を染める染料として使われた植物には、同時に医薬品として使われていたものがたくさんあります。美しい色と人体への効用という対比は不思議な感動を与えます。

例としては以下のような植物があります。

どんな色なのか、どんな効用があるのか調べてみませんか。

ウコン[鬱金] 、エンジュ[槐]、キハダ[黄柏]、コガネバナ 、サフラン、ヤマハゼ 、ヤマモモ、アカネ[茜] 、ベニバナ[紅花]、アイ[藍] 、クサギ[臭木]、チョウジ[丁子・丁字] 、ムラサキ[紫]  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.aesculus.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/17

ページ上部へ