ホーム>スタッフブログ>紫根の話>美しい医薬原料
紫根の話

美しい医薬原料

 

奈良・平安時代から位の高い人々が着用する衣服の紫色は紫根で染められていました。同時に高い消炎効果を発揮する医薬品としても使われていたので、染料としては高価なものだったと思われます。

古代紫から発展した赤みがかった京紫と青みが勝った江戸紫のうち、主に京紫の方に紫根は活かされています。

濃度の高い紫根エキスは今でも消炎剤にも使われますが、医薬品というレベルまで濃度が上がると使用量にも気をつけなくてはいけません。ネットで紫根エキスを簡単に手に入れられるようになった現在、どうか使用法にはご注意ください。

毎日使われるなら化粧品としてきちんとした処方管理をした当社製品をお使い頂ければと思います。

写真提供:kyoto-design.jp

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.aesculus.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/21

ページ上部へ